映画「グランド・ジャーニー」公式サイト » INTRODUCTION

<人間がともに空を飛び、渡り鳥に“渡り”を教える>という驚くべき実話に基づき描かれた父子の冒険は、フランスで公開されるや大ヒット!環境問題に熱心な国民にも熱を持って受け入れられ、名だたる大作を抑えて2019年のフランス映画興行収入TOP10入りを記録。フランス全土に爽やかな旋風を巻き起こした。変わり者の父親クリスチャン役を『愛しき人生のつくりかた』の監督であり、『セラヴィ!』の出演も記憶に新しいジャン=ポール・ルーヴが演じ、息子トマ役には、オーディションで数千人の中から選ばれた新人ルイ・バスケスが選ばれたほか、実力派の俳優が揃い踏み。

監督は、「名犬ジョリィ」のタイトルで日本でアニメ化もされた世界的ベストセラー児童書を実写映画化した『ベル&セバスチャン』(15)で映画監督としても高く評価された冒険家のニコラ・ヴァニエ。人と動物の絆を描くことに定評のある監督が今回描くのは、国境に縛られず、ヨーロッパの大空を野鳥たちと翔け、人間と動物という種別さえも超えて紡がれる絆。他に類をみない映像美で映し出した感動巨編がここに誕生した。

本作のモデルとなったクリスチャン・ムレクは、エミー賞を受賞したBBCドキュメンタリーシリーズ「アースフライト 大空の冒険者たち(原題:Earthflight)」(11-12)や、日本でも話題を呼んだジャック・ペラン監督によるドキュメンタリー映画『WATARIDORI』(03)の制作に関わった、気象学者であり鳥類保護活動家。本作では脚本を務め、自らが夫婦ふたりで実現した無謀な挑戦をもとに、室内にこもりがちな少年トマとその父クリスチャンの心の交流を描き出した。

その他にも、雁担当や飛行担当としても参加。まるで空を飛んでいるかのような浮遊感を観客にもたらす鳥たちと大空を飛翔するシーンは、劇中にも登場する超軽量飛行機(ULM)を用い撮影。他に類をみない唯一無二の空の旅を映し出した。

ABOUTChristian Moullec
クリスチャン・ムレク氏について»